資金繰りに困った時!

当センターは、資金繰りのご相談もお受けします。新規の借り入れが無理な場合でも返済を猶予してもらい経営改善により乗り切った企業もたくさんあります。

ご自分一人で悩まず、考えずにまず。相談してみてください。

相談は無料です。

行政書士制度融資研究会

返済に困ったとき!
金融機関から督促状や電話がある前にでき得ればリスケ(返済計画の見直し)を依頼することが良いのですが、返済の減額を依頼する時間と余裕がなく督促の電話がきてしまった場合は、それからでも遅くありませんので直ぐにリスケを依頼することです。「へ。そんなに減額」と思われるくらいの減額が必要な場合も多く、元本を返済できない場合も少なくありません。さらに、信用保証協会の保証付きの場合なども代位弁済を協会に依頼しなければならない場合も少なくありません。
いずれにしてもできるだけ早く対応をすることで再起をできる状況を作っておくことが大切です。

税金等の滞納がある場合!
官公署からの呼び出しには必ず応ずることです。督促状を無視したり、連絡を取らないと差押えがきます。売掛金を差し押さえられると仕事ができなくなります。そのようなことにならないように誠心誠意で官公署の担当者と交渉をして下さい。

それでも、差押えをされてしまったとき!
仕方ありません。そこから最善の方法を考えましょう。

(※恐縮ですが、転写、複写、転用をお断りします。)